So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

沖縄の基地反対運動逮捕者、県外11人の内韓国籍が4人。韓国人による政治活動 [注目記事]

無題.png

沖縄・米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐり、反対運動が過激化している。

公務執行妨害や傷害などで逮捕者が続々と出ているのだ。

報告された、極左暴力集団(過激派)の存在とは。

 自身も現地視察の際、反対派から暴行を受けたという、

無所属の和田政宗参院議員が国会で質問したところ、

逮捕者には沖縄県外や韓国籍の者も多くいたという。

 「このような暴力行為は由々しい問題だ。私も実際に被害に遭った。

基地に反対なら正当かつ合法的な抗議活動をすべきであり、暴力を用い

るなんてとんでもない」

 和田氏はこう語った。昨年5月に辺野古を視察した際、反対派に囲まれて、

プラカードでたたかれる暴行を受けたという。

反対派に「平和的な行動」を求めたが、聞き入れられなかった。

 その後も、米軍基地反対運動をめぐる暴力事件は相次いだ。

 和田氏は11日の参院内閣委員会で、基地反対運動をめぐる逮捕事案に

ついて確認した。

 警察庁の松本光弘警備局長から3月9日の同委員会で「過去2年間で逮捕者

は32件41人」という答弁を聞いていたが、その後、3件3人が逮捕された

ことが明らかにされた。

 反対運動には、沖縄県外・国外の人々も関わっている。

 和田氏は「私が辺野古に行ったとき、耳に入ってきたのは標準語や

関西弁が目立った。ハングルで書かれた垂れ幕まであり、『ここは沖縄なのか』

と目を疑った」と語った。

 逮捕者の内訳もそれを物語る。和田氏は続ける。

 「松本局長の答弁で、逮捕者44人のうち、11人が沖縄県外の居住者で、

4人が韓国籍であることが判明した。この割合は3人に1人だ」

 3月9日の同委員会では、松本局長が「沖縄基地反対運動を行っている者

の一部には、極左暴力集団も確認されている」と証言している。

 公安調査庁が作成した2017年版「内外情勢の回顧と展望」にも、

《(過激派は)米軍普天間基地の辺野古移設や原発再稼働に反対する現地集会

などにおいて宣伝活動を実施し、参加者に対して自派への賛同や連帯を呼び

かけた》《(琉球独立論の背景には)沖縄で、中国に有利な世論を形成し、

日本国内の分断を図る戦略的な狙いが潜んでいるものとみられ》などと記さ

れている。

 和田氏は「現地を視察して、捜査・情報当局の答弁などを聞くと、

米軍基地反対運動が純粋に沖縄の人々によるものとは思えなくなる」という。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国人が日本の医療にタダ乗り!制度の盲点を突く、日本人の税金を盗む [注目記事]

Flag of the People's Republic of China.png

中国人による“爆買い”が一段落付く一方で、昨今、日本で検診や病気の

治療を行う「医療ツーリズム」が活気づいている。
しかし、制度の盲点を突き、日本の医療制度に“タダ乗り”している中国

人も急増しているという。

「中国からの患者が押し寄せ、とにかく大変。言葉が通じず、

しかも『はるばる来たのだから先に見ろ』などとわがままを言う人も多く、

日本人の患者にしわ寄せが及んでいる。

しかし、日本人へのしわ寄せはそれだけではない…」

こう語る医師が所属するがん専門の大手病院には、ここ数年、

中国人のがん患者が大挙して訪れている。

中国では承認されていないクスリの投与を望む患者や、

最先端の治療を受けたいという患者が多いためだ。

中国でも、がんは死因の上位を占める国民病。

中国の研究チームが米国がん協会発行の学術誌に発表した報告書によれば、

2009~11年に収集された全人口の6.5%にあたるデータに基づいて推計した結果、

中国全土における浸潤性がんの2015年の新規診断例は429万2000例に上る

とみられている。

つまり、がんの新規診断は毎日1万2000例近くに上り、7500人が日々

命を落としている計算だ。

それだけの病気となった中国のがん患者たちにとって、日本の医療

レベルは高く信頼性も高いため、

検診や治療を望む人たちが殺到しているというわけだ。

ところが、である。こうした中国人たちの中に、“招かれざる客”が

多数紛れているというのだ。

先の医師は匿名を条件に語る。

「がんの治療費、なかでも最先端治療の費用は高く、中国人でも超富

裕層しか受けられないはず。

しかし、ここ数年、そうでもない一般の患者が急増している」

経営・管理ビザで入国し健保に加入して「3割負担」

たとえば、悪性黒色腫と非小細胞肺がん、腎細胞がんなどに適応する

薬として承認された「オプジーボ」。

病状やステージなどにもよるが、薬代だけで1日当たり3万9099円はかかる。

年間で見てみると、体重40キログラムの人の場合約1144万円、60キログラム

の人で約1792万円かかる計算だ。

そのライバル薬としてMSDが発売、悪性黒色腫と非小細胞肺がんなどに適応

するとして承認された「キイトルーダ」でも、 年間1427万円はかかるとさ

れている。しかも、あくまでこれらの薬は症状を悪化させない意味合いが強く、

長期間にわたって投与する必要があるのだから、その費用はかなりの金額に上る。
 
もちろん、がんの種類や症状によって治療法や薬は異なり、

すべての患者がこれだけの費用を負担しているわけではないが、

いずれにしても治療費は高額だ。

では、こうした費用を、なぜ一般の中国人が負担することができるのか。

そこにはあるカラクリがある。

中国でがんと診断され、2ヵ月前に夫と一緒に来日、がんの専門病院で

治療を受けている40代の女性は明かす。

「渡航費、滞在費、治療にかかる費用など、合わせて300万円程度で

いいと業者に誘われ、日本にやってきた」

関係者によれば、この女性が日本で治療を受けた場合、実際にかかる

費用は一般的に見て1000万円程度だとみられる。

それが3分の1程度の負担に収まっているのは、来日する際の「ビザ」

に理由があるのだ。

通常、日本で病気を治療する際には、「医療滞在ビザ」で入国する。

しかし、この女性の場合、「経営・管理ビザ」で入国していた。

この関係者によれば、「がんや肝炎など高額治療の患者を集めて斡旋、

ツアーを組む業者までわんさかいる。

もちろん、日本の行政書士などとグルになってやっている」という。

入国制度の盲点を突き、中国人が日本の健康保険を使って高額な

がん治療を行っているというわけで、前出の医師が語るように

「日本人にしわ寄せが及んでいる」形だ。

生活保護を受給し1円も払わないケースも
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカ学界全体でも最も過激な反日派デービッド・ケイが国連を利用して一方的に日本批判 [注目記事]

無題.png

 日本における「表現の自由」の現状について、

国連特別報告者のデービッド・ケイ氏(米カリフォルニア大法学部教授)

が日本政府に提出した報告書原案の概要が明らかになった。

「政府・与党による報道関係者への圧力」などに懸念を示す内容だ。

 24日午前の自民党国際情報検討委員会で、外務省が明らかにした。

報告書は6月6日からスイス・ジュネーブで始まる国連人権理事会に

あわせて公表される。

 概要によると、ケイ氏は報道の独立性を確保する観点から、政府・

与党による報道関係者への圧力に懸念を示し、政治的公平などを定めた

放送法4条の撤廃を要求。

慰安婦問題を含む歴史教育について、元朝日新聞捏造記者の植村隆氏への

権利侵害や「教科用図書検定調査審議会」への政府の影響を指摘した。


「反日」とか「日本叩き」という描写が当てはまる政治活動家的な人物と

国連特別報告者としての日本での調査活動を終えたばかりのケイ教授が

すでに日本での「言論の自由への脅威」という結論を打ち出しての公開

討論をすることは日本にとってまさに不公正だといえる。

そのうえに共催組織の代表のサンド氏も日本糾弾という政治色の濃い履歴

を持つ人物なわけだ。だからケイ氏の今回の日本での調査も、すでに最初

に結論ありきの安倍政権非難という政治傾向がにじむのだ。

 しかしケイ氏の調査結果は本来、国連への報告が主目的なはずである。

その過程では「報道の抑圧」を非難された日本政府側がその非難は事実

に反するとして、正規の反論をいま準備中なのだ。であるにもかかわらず、

ケイ氏は自分だけの結論をアメリカ国内ですでに一方的に広めようとする

構えを明らかにした。日本にとってまさに不公正な動きである。

アメリカの学界にもこのケイ氏の今回の動きを不適切だとする意見がある。

ウィスコンシン大学の日本歴史研究学者のジェーソン・モーガン博士は次

のように述べるのだった。

「ダデン氏はアメリカ学界全体でも最も過激な反日派であり、韓国の利益

を推進する政治活動家としても知られる。国連特別報告者の肩書きを持つ

ケイ氏がそのダデン氏との密接な協力を露呈した今回の『対話』はアメリカ

学界の安倍叩き、日本叩きの勢力がその政治目的のために国連をも利用し

ている実態を示したといえる。明らかに日本や日本語を知らないケイ氏が

わずか1週間の滞在で日本の報道や政治の全容をつかむというのは不可能

であり、この種の日本断罪は不公正であり、傲慢だ」

国連に金出して反日活動させるなんてナンセンス。

いざという時に何の役にも立たない国連なんて不要だと思う。何時まで経っても

敗戦国として詰る、貶める国際機関。不公平な活動には税金を出すべからず。

またしても韓国による国連を利用した反日活動と見る。
タグ:国連 無駄
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

捏造記事?、あなたはトイレットペーパー混じりの韓国のりを食べますか?。 [注目記事]

無題.png

韓国のりといえば、ごみを捨て糞尿を垂れ流しの汚い海で採られる汚いイメージ

日本の小さな小売店は卸の圧力で嫌々韓国のりを店頭に置かねばならない。

世界で売れなくなると日本にごり押し。キムチの時も大腸菌が検出され輸出

先がなくなった韓国キムチを民主党がノーチェックで日本に輸入出来るよう

にして糞混じりのキムチ70万トンが日本で行方不明になった。

今回も韓国海苔が売れているって煽る記事。

白いトイレットペーパー混じりの大腸菌海苔を誰が好き好んで食べるのか?

韓国のりを使っている回転すしは要注意。

最近ホームセンターではパクりだらけのアイリスオーヤマがコーナーを無理に

作らせ国産を押しのけている。絶対に買わないが不愉快だ。

韓国海洋水産部によると、17日に東京で開催された日本向けのりの輸出入札・

商談会で、韓国産のり5億2500万枚、金額にして438億ウォン(約43億7000万円)

規模の輸出契約が成立した。これは昨年の264億ウォン(約26億3500万円)

から約66%の大幅な伸びで、契約としては史上最大規模となる。この商談会

は1995年から毎年韓国水産貿易協会と日本ののり関連5団体が共同開催し、

今年で23回目を迎える。

記事は「日本では最近、のりの生産者数減少に伴い、国産のりの価格が

上昇していることから、韓国産のりの人気が高まっているものとみられる」

と分析している。実際、昨年の日本向けのりの輸出実績は一昨年より約52%

増の877億ウォン(約87億4400万円)を記録しており、日本へののり輸出国

の中ではシェア22%に達している。また日本は、韓国にとっての最大ののり

輸出先だ。 売れないからイオンで叩き売るように輸入したんだろうか?

ヤダヤダ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

肛門の中に金塊を隠す韓国人51人逮捕 [注目記事]

無題.png
肛門の中に金塊を隠す手口で、約2年間で1000億ウォン以上の金を密輸

した50人余りの 集団が摘発された。

関税庁は23日、「金塊2348kg(現価1135億ウォン相当)を密輸した韓国

内の4組織、51人を 摘発した」とし、「李イ某容疑者(60歳)など組織員

6人は検察に告発して拘束、運び屋45人 は検挙して取り調べている」と明

らかにした。

今回摘発された密輸金塊は、韓国内の金塊密輸事件史上最大規模だ。これ

らは2015年 3月から先月まで、中国・煙台(いぇんたい)日本・東京を頻繁

に出入りしながら金塊を密輸入、 密輸出した疑いを受けている。

関税庁の調査の結果、これらは空港の金属探知機を避けるためにカクテキ形

(写真)に 作った金塊を肛門の奥に隠す手口を使った。横3㎝・縦3㎝・高さ

2cmのサイズに特殊製作 した金塊をアルコール消毒した後、1回に5~6個

(約1㎏)を肛門の中に押し入れた。金塊が 抜けないように木ねじ形のプラス

チックの栓で肛門を塞ぎ、タイトなタイツを履いた。運び屋 は40~60代の女

が45人中40人いた。金塊を一度運ぶ度に往復航空代と宿泊費、食費に 30万~

40万ウォンの運搬費を追加で受け取っていた事が調査で分かった。

関税庁調査総括科のキム・ヨンギ事務官は、「金塊1kgを中国から4500万~

4600万ウォン で持ち込み、4800万~5000万ウォン程度で売った」とし、

「運搬経費などを引けば、1kg当たり 150万ウォン程度の利益を受けた事が

調査で分かった」と話した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国を相手にするとろくな事がない。 [注目記事]

無題.png


 なぜ韓国は、ここまで反日的になるのか。そして、なぜ国際社会に

対して嘘をつき続けるのか。そこには「儒教の呪い」があるという。

著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・

ギルバート氏と作家の百田尚樹氏が、韓国の本質を語り合った。

 百田:日本より上だというプライドだけあって、実際は自分たち

には何もないから、その屈辱感が凄い。それで今、韓国は日本固有

の文化を全部、「朝鮮半島由来」と主張し始めました。柔道、茶道、

華道……。

 ケント:歌舞伎、相撲、食べ物では寿司やしゃぶしゃぶなどの和食

も韓国起源だと言っていますね。

 百田:納豆菌を使う食べ物は朝鮮半島には存在しなかったのに、

納豆も韓国がルーツだと言い出しています。

 さらに、ソメイヨシノも元は済州島に自生していた桜だと。

だけどソメイヨシノは江戸の染井村の職人さんがエドヒガン系の桜

とオオシマザクラを掛け合わせてつくったもので、自生するわけが

ないんですよ。それも知らずに「韓国由来」と言っている(笑)。

 ケント:近頃は、一部の韓国人は妄想がひどくなったのか、

イエス・キリストも孔子も韓国で生まれたという主張まで出てきた。

 百田:以前は「侍」や「武道」「武士道」は軍国主義を思い出させ

るといって、韓国人は忌み嫌っていたはずです。ところがハリウッド

映画『ラストサムライ』がヒットしたり、忍者や日本刀が世界から

注目されたりするようになって、武道も「朝鮮半島がルーツだ」と言い

出した。

 ケント:確かに仏教や漢字は中国大陸から朝鮮半島を経由して日本

に伝来しました。そうだとしても、日本発祥の文化を全部

「韓国が教えてやった」というのは、憐れにさえ感じますね。

 百田:だけど、それが成功したケースもあるんです。「空手ウリジナル説」

です。韓国は、「朝鮮半島にテッキョンという武道があって、

それをもとに空手ができた。テッキョンは併合時代に日本に抹殺されたが、

戦後、独立してテッキョンを復活させたのがテコンドーだ」という説を

唱えました。でも実態は、朝鮮の留学生が日本の松濤館流空手を学び、

そこから考え出したのがテコンドーなんです。

 ケント:韓国の主張は、事実とまったく逆ですね。

 百田:でも、韓国はテコンドーをオリンピック種目にするため、

空手のルーツだと大嘘をついた。IOCもまさかそんな嘘をつく国が

あるとは思わないし、日本も黙っていたから、オリンピック種目に

なった。

 ケント:日本は世界に対して、もっと日本の文化について発信し

たほうがいいと思います。嘘つきというのは、どんどん嘘をついて

いるうちに、それが真実だと自分で信じ込む。そして嘘が通ると、

癖になってしまう。

 百田:おっしゃる通りで、テコンドーで味を占めた韓国は、

剣道も朝鮮半島のものだと宣伝し始めました。朝鮮半島にコムド

という剣術があって、それが日本の剣道になったのだと言っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国人留学生窃盗団逮捕、泥棒に追い銭日本人の税金が投入されている。 [中韓問題]

Flag of the People's Republic of China.png
日本語学校に留学するとして来日した中国人5人が住宅に忍び込み

現金を盗んだなどとして逮捕され、警視庁はおよそ30件、合わせて

1000万円の盗みを繰り返していたと見て調べています。

逮捕された5人のうち4人は容疑を否認しているということです。

警視庁によりますと、逮捕された中国人で東京・足立区の無職、

林鳳容疑者(22)ら5人は、去年12月、千葉県内の住宅に忍び込み、

現金6万5000円や高級腕時計を盗んだなどの疑いが持たれています。

警視庁は、このグループがインターフォンで住民の不在を確認したあと

窓を割って住宅に侵入する手口で、去年9月から都内や千葉県などで

およそ30件、合わせて1000万円に上る盗みを繰り返していたと

見て調べています。

また、5人は日本語学校に留学するとして来日したものの学校にはほ

とんど通っていなかったということです。

警視庁の調べに対し、林容疑者ら4人は「やっていない」などと容疑を

否認しているということです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後日本人虐殺事件が発生した [注目記事]

Flag of the People's Republic of China.png

日本を訴えた重慶大爆撃訴訟、二審でも中国人原告敗訴か?未だに戦時中の事件を

ネタに日本を強請る中韓。重慶大爆撃が問題なら東京大空襲や原爆は問題無いのか?

最近は中国が韓国化して強請り集りになっている。

通州事件…盧溝橋事件発生から3週間後の1937年7月29日、

北平(北京)東方の通州で中国保安隊による大規模な

日本人虐殺事件が発生した■

『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)-日本人皆殺しの地獄絵-』

★「通州事件 目撃者の証言」 (自由社ブックレット5) より 

藤岡 信勝 (著) 自由社; 初版 (2016/8/7)

夫を生きたまま腹を切り裂き…「これはおいしいぞ、日本人の腸だ、

焼いて食べろ」 …そうして、その妻である妊婦の腹を切り裂き胎児

を取り出す

それはこの男の人の頭の皮を学生が青竜刀で剥いでしまったのです。

頭の皮を剥いでしまったら、 今度は目玉を抉り取るのです。

このときまではまだ日本の男の人は生きていたようですが、

この目玉を抉り取られるとき微かに手と足が動いたように見えました。

目玉を抉り取ると今度は男の人の服を全部剥ぎ取りお腹が上に

なるように倒しました。

そして又学生が青竜刀でこの日本の男の人のお腹を切り裂いたのです。

縦と横とにお腹を切り裂くと、 そのお腹の中から腸を引き出したのです。

ずるずると腸が出てまいりますと、その腸をどんどん引っ張るのです。

人間の腸があんなに長いものとは知りませんでした。十メートル近く

あったかと思いますが、学生が何か喚いて おりましたが、もう私の耳

には入りません。そうしているうちに何かワーッという声が聞こえました。

ハッと目をあげてみると、青竜刀を持った学生がその日本の男の人の腸を

切ったのです。そしてそれだけではありません。

別の学生に引っ張らせた腸をいくつにもいくつにも切るのです。

一尺づつぐらい切り刻んだ学生は細切れの腸を、

さっきからじっと見ていた妊婦のところに投げたのです。

このお腹に赤ちゃんがいるであろう妊婦は、その自分の主人の腸の

一切れが頬にあたると「ヒーッ」と言って気を 失ったのです。

その姿を見て兵隊や学生達は手を叩いて喜んでいます。

残った腸の細切れを見物していた支那人の 方へ二つか三つ投げて来ました。

そしてこれはおいしいぞ、日本人の腸だ、焼いて食べろと申しているのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

民進党の黒星「蓮舫」をいつまでも二重国籍疑惑のままにしておいてください。 [民進党による害悪]

Minshinto_Logo.png

自民の小野議員は二重国籍問題をしっかりと解決した、いつもいい加減な

民進党は蓮舫の疑惑を放置してつまらない問題ばかり掘り起こす。税金の無駄

どうやら民進党は蓮舫と心中の模様、いつまでたっても疑惑はそのままに

開き直って声高に自民を攻撃するも空しい。マスゴミが在日ばかりで

取り上げないからって言ったって、ネットもあるからね。

自民党の小野田紀美参院議員(34)は21日までに自身のツイッターに

「米国籍の喪失証明書が届いた」と投稿した。これにより小野田氏は二重

国籍状態が解消され、国籍は日本だけとなる。

小野田氏は18日、「昨年、皆様に大変ご心配をおかけいたしました私の

国籍の件につきまして、あらためてご報告申し上げます」として、「以前

フェイスブックに書かせて頂いた通り、

義務である『日本国籍選択と米国籍放棄手続き』については立候補前の

平成27年10月に終えておりましたが、努力義務である『外国の法に

おいての国籍離脱』という手続きについては、当時進行中で終了してお

りませんでした。

大変時間がかかりましたが、この度、アメリカ合衆国から2017年

5月2日付での『アメリカ国籍喪失証明書』が届きました」と記し、

原本も添付した。

二重国籍問題は、父親が台湾人、母親が日本人である民進党の蓮舫代表

(49)が昨年10月に日本と台湾の二重国籍状態にあることが分かり、

その後、与野党ともに二重国籍状態となっている議員がいることが発覚、

小野田氏もその一人だった。

小野田氏は「国政を担う身として、皆様にご不安とご心配をおかけして

しまいましたこと、心よりお詫び申し上げます」と投稿したが、ネット

では「小野田さんは潔い」「蓮舫氏はいつになったら国籍問題をはっきり

させるのか」といった投稿が相次いだ。

小野田氏は昨年10月、自身の戸籍謄本をフェイスブックに公開したが、

蓮舫氏は公開していない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

屑な民進党の玉木雄一郎幹事長代理が「日本獣医師連盟」から100万円の献金 [民進党による害悪]

Minshinto_Logo.png

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)

の獣医学部新設計画に関する記録文書を巡り、民進党が「総理のご意向」

を問題視している。

だが、この問題を熱心に国会で追及している民進党の玉木雄一郎幹事長

代理(48)が平成24年に「日本獣医師連盟」から100万円の献金

を受けていたことが分かり、ネットでは「規制改革の邪魔をしているだ

けでは」という批判が起きている。玉木氏は自身のブログで父親が香川

県獣医師連盟の副会長をしており、弟も獣医であることを明かしている。

日本獣医師会はホームページ(HP)に1月30日、会長短信「春夏秋冬

(42) 獣医学部新設の検証なき矛盾だらけの決定に怒り」と題する

挨拶文を載せている。

 蔵内勇夫会長名での「会長短信」は、国家戦略特区諮問会議で、

獣医学部の新設・定員増を認めないとする従来の大学設置認可基準

を緩和するとした政府方針に激しく反発。

 獣医学部の新設をやめるか、これが不可能な場合でもせめて1校

にするよう政治家に働きかけたとしている。

 働きかけた相手として山本幸三地方創生担当相、松野博一文科相ら

の名を挙げ、「何とか働きかけが実り、『1校に限り』と修正された」

と報告。それでも「総理官邸主導による既定路線とはいえ、十分な検証

もなく、論理性に欠けたあまりにも早すぎる矛盾だらけの決定」と恨み

節を吐露している。

 玉木氏はこうした獣医師会の意向に賛成か否かは表明していないが、

ネット上では「またブーメランだ」などと玉木氏を非難する声が殺到した。

 また民進党所属で岡山県選出の高井祟志衆院議員(47)が平成28年

4月の衆院の地方創生に関する特別委員会で「今治に獣医学部の新設を」

と請願していたことも分かり、「民進党は矛盾している」との声が出ている。

 獣医学部はここ50年新たな新設はなく、日本獣医師会は「獣医は足り

ている。獣医学部の新設は必要ない」と主張しているが、高井氏は「中四国

併せても2大学しかない。獣医が足りない」とし、後ろ向きな文科省の答弁

に対し、石破茂地方創生担当相(当時)に助け船を求め、愛媛県今治市の

加計学園と具体名を出して新設を要望していた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -