So-net無料ブログ作成

大統領罷免で次期大統領が日韓合意破棄・・・一気に国交断絶に向かって。 [注目記事]

スポンサーリンク<br />



無題.png

次期大統領候補が否定的な発言するたびに

日本政府は対応をエスカレートすればいい

検疫復活、ノービザ廃止、日本人帰国勧告、

在日強制送還、領事館閉鎖、大使館閉鎖、断交

韓国憲法裁判所が10日、朴槿恵(パク・クネ)

氏の大統領罷免を認める決定を言い渡したことにより、

朴政権の外交的成果だった韓日慰安婦合意の行方にも

関心が高まっている。

前倒しで実施される大統領選の有力候補の多くが韓日

慰安婦合意に問題があると異口同音に主張しているためだ。
 
尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官と岸田文雄外相

は2015年12月28日に慰安婦合意を通じ、

慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決したことを宣言した。

アメリカが中に入って決めた最終合意を反故にすれば韓国は

世界中の笑いもので、アメリカは韓国を見捨てる。

アメリカ人にはベトナム戦争当時韓国軍が敵前逃亡や支給

した最新の兵器を残したまま逃げに逃げた苦い思い出が強く

残っている。

歴史が繰り返され韓国と組むことでまた負けたら面目丸潰れ。

そろそろ見切りをつける時期だという雰囲気が漂っている。

もう嘘がバレ始めた慰安婦は賞味期限切れで次は徴用工だって

当時の日本人の写真を使って「これが徴用工だ」て言い始めてる。

強請り集りの「おかわり」韓国人とは付き合いきれない。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました