So-net無料ブログ作成
検索選択

慰安婦像はもともと米軍を批判するという性質がある像、これからは「第五種補給品像」 [注目記事]

スポンサーリンク<br />



無題.png

これからは、在韓米軍の慰安婦問題が主役

韓国も粋な事をやる、慰安婦像と言って日本批判をするように

見せかけてその実は米軍批判の像。

これを世界中にばら撒いて「実は米軍批判の像です」ってやる

のかな?

それに、流石米国はやることが一味違う。

アメリカ軍を批判する少女像を自ら設置

カリフォルニア洲グレンデール市、同洲サンフランシスコ市

やジョージア州アトランタ市でも設置の動きが有るとの事。

韓国に騙されて自国の兵士がひき殺した少女像を設置する

なんてすごい、米軍の兵士は可哀そうだね。

慰安婦像でも同じだけど、日本軍に存在しないジープで

連れ去られたとか言っている時点で韓国の嘘に気付いて欲しかった。

これからは慰安婦像は「第五種補給品像」と呼ばれ韓国軍

によって管理され米軍に補給された韓国人娼婦の記念像となる。

 「第五種補給品」とは慰安婦のことで、朝鮮戦争当時、

韓国軍は女性たちをドラム缶や鉄製の桶に入れて韓国軍、

米軍、国連軍に慰安婦として「供給」していた。

これが自由と平和を愛する米国、国連の姿です。

これは韓国軍の正式文書の中に「○○基地に第五種補給品を20缶供給」

などというかたちで出てくる記述であり、

韓国軍が慰安婦に対して使用していた正式名称である。

 慰安婦について語られるとき、よく日本統治時代に

「女性たちがジープに詰め込まれて運ばれた」

「旧日本軍によって拉致された」などといわれるが、

高級品であるジープは当時ほとんど走っていなかった上、

韓国軍が陣頭指揮をとって行っていたというのが事実なのである。

さらに、前述したようなやり方は人権侵害どころでは済まされない

話ではないだろうか。

 韓国では、日本総領事館前に慰安婦像を設置して慰安婦問題

を蒸し返す動きがあるが、慰安婦像でも少女像でもなく、

今後は第五種補給品像と呼ぶべきだろう。

そして、そういった動きが広まれば、韓国にとっては非常に都合

の悪い事態になると同時に日本にとっては交渉カードにもなり得る。

韓国の慰安婦像は慰安婦がモデルではない?

 また、そもそも慰安婦像とは慰安婦の姿を銅像にしたものではない。

もともとは米軍車両に轢き殺された韓国の少女がモデルといわれており、

本来は米軍を糾弾する目的でつくられたものだ。

しかし、それがいつの間にか慰安婦の像として日本を責めるために

使われているのが現実である。

 慰安婦像はアメリカのカリフォルニア洲グレンデール市にも設置され、

同洲サンフランシスコ市やジョージア州アトランタ市でも設置の動きが

あるとされているが、もともと米軍を批判するという性質がある以上、

今後はアメリカでも韓国に対して強い反発が生まれる可能性もある。

 また、慰安所は日本統治終了後も1980年代まで韓国政府の管理下で

設置されており、米軍を相手に多くの韓国人が売春を行っていた。

そうした事情に鑑みる限り、慰安婦像をめぐる騒動は日本だけの

問題ではないのである。

また、日本統治時代の慰安婦は高齢化していてわずかしか残っていないが、

米軍向けの慰安婦は比較的若いため、多くが存命中である。

そのため、実は慰安婦問題は日本よりアメリカのほうが深刻化

する可能性もあるのだ。

 こうした背景が周知されれば、今後は在韓米軍の慰安婦問題

という新たな問題が噴出する可能性もあるだろう。


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: