So-net無料ブログ作成
検索選択

半島有事で臨戦態勢のアメリカにオスプレイの飛行自粛が聞き入れられる訳が無い。 [注目記事]

スポンサーリンク<br />



images.jpg

平和ボケ、危機意識が皆無の日本ではオスプレイの事故が問題だが、

9月にも戦争に突入する可能性が高まった状態では「馬鹿なことを言うな」

日本も巻き込まれる可能性が大きく、国内には北の工作員が何百といるのに

「おめでたいね」お言われかねない。国が存亡の危機に寝言の与党は売国政党

そろそろ見切りをつけて退場して頂こう。

防衛省は墜落事故を受けて日本国内での飛行の自粛を要請していたアメリカ軍

のオスプレイについて、11日未明に見解を発表し、飛行の再開を容認しました。

こうした中、沖縄のアメリカ軍普天間基地からオスプレイ4機が11日午前、

飛び立つのが確認され、関係者によりますと、青森県のアメリカ軍三沢基地に

向かった可能性もあるということです。

国を守ってもらっているのに何寝ぼけたことを言っているのか?と一喝されても

おかしくない。

中韓朝に国土を蹂躙されたら生き地獄になるのは明らか犯罪の3トップが動いて

いるのにね。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。