So-net無料ブログ作成
検索選択

朝鮮人の言う差別は自分たちだけ特別扱いしてくれないという身勝手な差別 [注目記事]

スポンサーリンク<br />



1600px-Flag_of_North_Korea_svg.png

だから朝鮮人は嫌われる、法律が有って他のみんながそれを守って生活

しているのに自分たちだけ特別扱いしないのは差別だと喚きたてる。

日本人の税金は日本の法律に沿って使われるのが当たり前。

日本に来て拉致や工作員の巣窟となっている朝鮮学校は閉鎖されて当たり前

の施設なのに置いてもらっているのに税金をよこさないのが差別だと言う。

出て行け。

Q: なぜ朝鮮学校は、授業料無償化の対象から除外されるのですか?

A: 朝鮮学校は「各種学校」の扱いです。たとえば東京都内にある

各種学校といえば、朝鮮学校の他には、料理教室や、珠算学校や、

芸術学校や、外国人向けの日本語学校などたくさん存在します。

各種学校の無償化が認められるなら、料理教室や珠算学校なども

無償化するという理屈になってしまいます。


Q: なぜ、朝鮮学校は「各種学校」の扱いなのですか?

A: 朝鮮学校は、日本の文部科学省が定めたカリキュラムを

満たしていません。国で定めたルールを満たしていない各種学校に、

多額の税金を投入するのは、いかがなものかと思われます。


Q: それは差別ではないのですか?

A: 日本人が私立学校を設立する場合、当たり前ですが、

文部科学省の定めたカリキュラムを満たして、学校として認可

されるよう努力します。文科省のカリキュラムを満たさず、

学校として認可されていないのに、「無償化にしろ!」

「補助金よこせ!」なんて言っても、誰にも相手にされませんし、

裁判で訴えても勝てるはずがありませんね。

日本人であれ外国人であれ、日本の文科省の定めた条件を

満たさなければダメなものはダメですから、逆に、特定の

外国人学校だけ特別に無償化が許されるなら、それこそ

差別でしょう。


Q: 朝鮮学校の無償化が認められたらそれこそ差別

だなんて、言い過ぎではありませんか?

A: いいえ。たとえば首都圏には、英語ながら海外では

学校として認められるカリキュラムを採用しているいわゆる

インターナショナルスクールはたくさん存在します。

他には、主に中国語で教育を行う中華系の学校、他には、

ドイツ系の学校、インド系の学校なども存在します。

それらの学校もすべて無償化から除外されています。

文科省が定めたカリキュラムではないので、当たり前ですね。


Q: 英語系、ドイツ系、インド系などのインター

ナショナルスクールは、無償化除外について裁判しないのですか?

A: 「文部科学省の定めたカリキュラムを採用しておらず、

各種学校だから」という理由が明確ですから、裁判などしませんし、

それ以前に、抗議をしたり、デモしたりなど、聞いたことがありません。

差別でもなんでもなく、制度上の違い(国の条件を満たしていない

学校ですから税金を投入できない)であることは明らかですから、

理解するのが普通でしょう。

彼らと比較すると、朝鮮学校関係者および支援者の常軌を

逸した言動が目立ちます。


Q: インターナショナルスクールには、朝鮮系の生徒は

いないのですか?

A: 今現在、首都圏のインターナショナルスクールでは、

朝鮮系、中国系の生徒はかなり増えています。

インターナショナルスクールは学費が高く、年間200万円以上

かかる学校が多いのですが、彼らも無償化にしろと訴えたら、

裁判官は認めるのでしょうか?先日、大阪で朝鮮学校だけ無償化

を命じた裁判官にどう考えるのか聞いてみたいですね。


Q: 結局、拉致問題やミサイル問題はあまり関係ないのですか?

A: よくそのことが議論になりますが、仮に、拉致問題や核実験・

ミサイル問題がなかったとしても、法律で学校として認可されていない

「各種学校」に私たちの貴重な税金を投入して無償化することが許され

るのかどうか?

朝鮮学校であれ料理学校であれ一般的なインターナショナルスクール

であれ、無償化対象にして欲しいなら、「日本のルールで学校として

認可されるようなカリキュラムを採用してくださいね」と言って、

それで終わる問題です。泣きわめくとか、情に訴えれば許されるよう

なことは、法治国家として、あってはならないでしょう。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。