So-net無料ブログ作成
検索選択

望月衣塑子記者のやってることは、吐き気を催すほどの自惚れだ。 [注目記事]

スポンサーリンク<br />



The_Chunichi_Shimbun_Tokyo_office.jpg

 かつて中国の民主化運動に身を投じた評論家の石平氏(55)が、

菅義偉官房長官の定例記者会見で連続質問攻撃を仕掛けている東京

新聞の望月衣塑子記者をツイッターで痛烈に批判した。

 石平氏は7日に以下のようなツイートを書き込んだ。

 「『それでも私は権力と戦う』という東京新聞望月記者の台詞を

鼻で笑った。私は今まで、本物の独裁政権と戦った勇士を数多く見

たが、彼女のやっていることは、何のリスクもない民主主義国家で

意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけだ。

そんなのを『権力と戦う』とは、吐き気を催すほどの自惚れだ!」

 日本に留学中の1989年、祖国・中国で天安門事件が勃発し、帰国をあきらめたという石平氏にとって望月氏の「権力との戦い」はとんだ茶番に映ったようだ。

 この投稿に対し、作家の百田尚樹氏(61)も即座に反応した。

 「全力で拡散したいツイートだ!! 石平さんの言葉は重い!現在もどれほど多くの偉大な人たちが権力と命懸けで闘っているか。

 週刊誌のデタラメ記事を参考に質問したり、政権批判をしたいがために北朝鮮の立場になって発言するような薄っぺらい女が『権力と戦う』など、ちゃんちゃらおかしい!!」


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。