So-net無料ブログ作成

犯罪の多い外国人、中韓に続いてベトナムが急増。 [注目記事]

スポンサーリンク<br />



無題.png

 2017年に全国の警察が摘発した来日外国人の犯罪1万7006件

(前年比20%増)のうち、 ベトナム人による事件が5140件と3割

を占め、統計を取り始めた1989年以降、 国籍別で初めて最多になっ

たことが警察庁のまとめで12日、明らかになった。

前年まで最多だった中国を439件上回った。同庁は来日ベトナム人の

急増が背景にあるとみている。

摘発されたベトナム人の事件の4割が店舗での万引きだった。盗品をベ

トナム本国に空輸するなどして、換金する手口が目立つという。

 同庁によると、ベトナム人による事件の摘発は08~13年は1400

~1800件程度で推移していたが、 14年2488件▽15年3315

件と年々増加。17年は16年の3177件から62%増えた。

一方、25年連続で最多だった中国は減少傾向にあり、17年は前年比2%

増の4701件だった。

中国に次いで多かったのはブラジルで前年比54%増の1058件だった。

同庁がベトナム人の手口を分析したところ、グループで見張りや実行役、盗

品の運搬役などと役割分担。

ベトナムで人気の高い日本の化粧品や衣料品を大量に万引きし、本国に送る

ケースが多かった。

佐賀県警は昨年、佐賀、熊本、福岡県の大手量販店で16年10~11月に

衣料品(65万円相当)の万引きを繰り返したとして、 ベトナム人の男3人

を窃盗容疑で逮捕した。男らは、狙う店や商品を本国の仲間から指示されて

いた。

盗品は東京都内のマンションの一室にストックされた後、本国に空輸されて

いたという。

また、ベトナム人による空き巣の摘発は17年に325件に上り、16年の

12件から急増した。

数年前は主に関東や関西の都市部が狙われていたが、17年は中国地方や東

北地方に広がった。

昨年に窃盗や不法滞在などで摘発(逮捕・書類送検)されたベトナム人は

2549人で、窃盗などの刑法犯が57%を占めた。

これを在留資格でみると、留学が41%で最も多く、技能実習23%▽定住

者6%--と続いた。

法務省の統計によると、在留ベトナム人は08~12年は4万~5万人程度

だったが、 昨年末時点で約26万2000人にまで増えている。 Flag of the People's Republic of China.png


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。