So-net無料ブログ作成
検索選択

麻生太郎氏と山本太郎、この差は? [注目記事]

無題.png

麻生太郎氏が山本太郎氏に人間としての格の違いを見せつけた

山本太郎氏の意図がわからない質問に対し、即興で見事な答え

を返した麻生太郎氏はさすが。

やりとりは非常にシンプル。

まず山本太郎氏が麻生太郎氏を名指しし、妙な質問を投げかける。

山本太郎「麻生大臣、人間が生きる上で2番目に大事なものは

なんだと思われますか?」

政治とは無関係に思える質問に麻生太郎氏は困惑したようで、

ゆっくりと立ち上がってゆっくりと歩く。

その動きは、「何と答えればいいのか…」と思案しているように見えた。

そして老練の口調で人生における重要なことを説く。

麻生太郎「2番目…う~ん2番目。私はこの種のわけの分からん

質問がきたときは答えることは一つ。

人間が生きていくうえで大事なことは、朝、希望を持って目覚め、

昼は懸命に働き、夜は感謝と共に眠る。この気持ちだと思います。」

まさかの素晴らしく哲学的な回答に国会はどよめき「おぉー!」

という感嘆の声があがる。山本太郎氏もこの返しには感心した

ようで表情が一変した。

まさしく人間にとって大事なことをずばりと断言した麻生太郎氏

の見解はどんな人の心にも響くだろう。

残念ながら現在の日本人は多くの者が朝、希望をもって目覚めない。

麻生太郎氏はあるべき道徳を説き、山本太郎氏に人間としての

格の違いを見せつけた。同じ太郎でもここまで差がつくとは…。