So-net無料ブログ作成

約束を守れない韓国との付き合いはすべきでない、在日も強制送還が良い。 [注目記事]

無題.png

日本と韓国の戦後補償問題は、解決したと思うと蒸し返される、の繰り返しだ。

どのような経緯をたどってきたのか、振り返ってみよう。

【解決】1965年6月 日韓請求権協定

椎名悦三郎外相と李東元外相によって調印された協定により、戦後補償問題は

解決したはずだった。このとき、日本政府は韓国に5億ドル(当時の韓国国家

予算は3.5億ドル)を供与している。

【蒸し返し】1992年

韓国挺身隊問題対策協議会(挺身協)などが慰安婦は強制連行されたと主張。

【蒸し返し】1993年3月

金泳三大統領が「補償は求めない」と発言した。そのため、日本側では“補償

しなくてもよいならば強制を認めてもよい”との意見が一部で出始める。

【解決】1993年8月 「河野談話」発表

慰安婦の強制性を認め「おわびと反省」を表明。

【解決】1995年7月 「アジア助成基金」設立

「償い金」を元慰安婦に「アジア助成基金」から支払。韓国外務部は「誠意

ある措置と評価した。

【蒸し返し】1997年1月

償い金を受け取った元慰安婦たちを挺身協らが猛批判する。

【蒸し返し】2005年8月

盧武鉉政権が慰安婦の個人請求権は「放棄していない」と主張。

【蒸し返し】2011年8月

韓国の憲法裁判所が慰安婦問題で日本と交渉しないのは「違憲」と判断。

【蒸し返し】2013年3月

朴槿恵大統領による“千年の恨み”発言。

【解決】2015年12月 日韓慰安婦合意

「最終的かつ不可逆的に解決」とした日韓慰安婦合意がなされ、韓国で

設立された「和解・癒やし財団」に日本政府が10億円を拠出した。

【蒸し返し】2017年12月27日

文在寅政権となった韓国側が慰安婦合意を「被害者の意見を集約しなかった」

「問題は再燃するしかない」と結論づけた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無責任野党はもう政権取れないから言いたい放題、何でも政府のせい。 [注目記事]

250px-Logo_of_Constitutional_Democratic_Party_of_Japan_svg.png


「殺人や強盗や窃盗や盗聴を行った革マル派活動家が影響力を行使しうる、

指導的立場に浸透しているとみられる団体から、枝野氏は約800万円の

献金を受けていた」

革マル枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)

(厚生労働省東京労働局の局長が会見で報道各社に「是正勧告してあげても

いいんだけど」などと発言した問題で)公権力を恣意(しい)的に、しかも

言うことを聞かないやつに向かって行使をすると。そう受け取られても仕方

がないような発言をされていた。公務員失格と言わざるを得ない。

こうした方に公権力の行使を委ねることはできないという問題だ。ここで順

次あげていったらきりがないような、本当に政治と行政がぼろぼろになって

いる。(安倍政権の)この5年間に、ここまで劣化をさせられてしまってい

るという状況が残念ながら相次いで明らかになっているという状況でござい

ます。(立憲民主党の常任幹事会で)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

町工場が技術を集約して、かかと部分が交換できるパンプスを発売。頑張れ! [注目記事]

images.jpg

 日本の町工場が健在である事のニュースが聞けた、頑張って欲しい。心配は

中韓の模造品が出回り「悪貨は良貨を駆逐する」の例えの様にならないことを

望む。金型などの廃棄や図面の管理人の管理を徹底して良いものを永く世界に

送り出して欲しいものです。

 町工場などの技術を結集して、かかと部分が交換できるパンプスが発売されて

世界各国から問い合わせが殺到している。

 首都圏にあるカメラの部品などを製造している工場。ここで意外なものがつく

られていた。それが、パンプスのかかと。実は、この工場などで作っているヒー

ルが今、世界中で注目されているのだ。

 さらに、去年の年末に発売された女性誌に掲載されるなど、一躍有名な存在に。

果たして何がそんなにすごいのか。実はこの靴、ヒール部分を付け替えることが

できる。

 ヒールが交換できるパンプス。本体は全部で18種類。そして交換用のヒールは

188種類あり、組み合わせは3000通りにも上る。

ヒール部分のすり減りや破損によって履かなくなることが多いパンプスが、ヒール

の交換で寿命がぐっと延びると注目されている。

 しかし、街の女性からは安全面で心配する声も。メーカーによると、ヒールの安

全基準を測定する国内の研究所で、耐久性などのテストを受けクリアしたという。

 しかし、そこまでには数年に及ぶ工場での試行錯誤があった。苦労したのが安全

性にも関わるヒールと本体の密着度合い。

100分の5ミリというわずかな隙間でも、歩いているとガタガタするなど問題が発生。

最終的には100分の1ミリ単位での調整が求められた。

 開発スタートから3年。歩行テストや試作を数百回も行い、ようやく完成した。

ものづくり日本が誇る繊細な金型などの技術が生み出した長く使える不死身のよう

なパンプス。世界中のパンプスの常識を変えるかもしれない。

節操の無い中韓に模造品を作らせない気配りをお願いしたい。
Flag of the People's Republic of China.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感