So-net無料ブログ作成

バカ野党 いい加減にしろ と言いたい。 [注目記事]

14yt0.png

 経済支援について、トランプ氏は「日韓両国は北朝鮮を支援する用意があり、

米国は支援する必要は無い」とも言った。

とんでもない話で、核完全廃棄、拉致問題解決など、日本の要求が入れられな

いかぎり、日本はびた一文払うべきではない。

 やがて日朝首脳会談が行われる時が来る。北朝鮮は国家賠償を必ず要求する

と現に主張している。朝鮮は戦勝連合国ではない。戦った敵国ではないのだか

ら戦後賠償の責任は日本に無い。

 1965年、日韓基本条約を結んだ時、日本は戦争処理の一環として8億ドルに

上る協力金を支払った。韓国予算の2,3倍強の巨額な資金、しかも53億ドルに及

ぶ日本の資産も全て放棄した。

「漢江の奇跡」はそこから生まれ、韓国は経済発展を遂げる事ができたのだ。

 当時、韓国は正統な朝鮮半島国家としていたため、朝鮮半島全体に対する立場

で日本は臨んだ。もし北朝鮮が協力金を求めたら、韓国が処理すべき問題なので

ある。

 どちらにしても、今、日本は危機的状況の中にある。しかし、こんな時も日本

の国会は機能していない。

 米朝首脳会談の行なわれた12日、立憲民主党など野党6党派は、カジノ法案を

めぐり衆議院内閣委員長の解任決議案を出して大騒ぎである。

 「いい加減にしろ」と怒鳴りたい心境である。

タグ:バカ野党
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「理由は与党の審議拒否」で18連休野党(夜盗)が内閣委員長解任決議案を提出 [注目記事]

14yt0.png
w4gl.png
 国会会期中に18日も審議拒否して濡れ手に粟の夜盗の立憲民主党などが

自分達の行動を棚に上げてまた訳の分からない行動に出る。

IR実施法案採決をめぐり立憲民主党などの野党は委員長が十分な質疑時間

の確保を怠ったことを理由に内閣委員長解任決議案を提出。

立憲民主党・辻元清美

「理由は内閣委員長の審議拒否、与党の審議拒否です」

250px-Logo_of_Constitutional_Democratic_Party_of_Japan_svg.png

タグ:野党は夜盗
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バカだな、選挙で負けても反省なしの野党は同じ失敗をこれからもずっと続ける。 [注目記事]

250px-Logo_of_Constitutional_Democratic_Party_of_Japan_svg.png

 立憲民主党の近藤昭一選挙対策委員長は10日夜、事実上の与野党対決と

なった新潟県知事選で、自民、公明両党が支持した前海上保安庁次長の花角

英世氏が初当選を決めたことについて、「今後の新潟県政における原発政策

について、県民の意思に沿った行政が進められるよう引き続き注視していき

たい」とのコメントを発表した。

 近藤氏は、「森友・加計(かけ)学園問題にみられる公文書改ざんや虚偽

答弁など、国民の不信感を増幅させた安倍政権への批判の声は今回の投票で

も示された」とも指摘した。

 立民など野党5党は、前新潟県議の池田千賀子氏を野党統一候補として推

薦していた。

 国民民主党の大島敦選対委員長も談話を発表し、「池田氏への支持の広が

りは、新潟における安倍内閣の危うい政治運営に異議を唱える声が広がって

いたという証左に他ならない」と強調した。

サルでも反省のポーズするのに野党はそれさえも出来ない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北、貿易 安倍首相が議論主導 欧米間の「裁定役」、バカ野党だったら「背筋が寒い」 [注目記事]

OB-ZA321_130924_D_20130924003837.jpg

 日本が仲間外れだの、蚊帳の外と喚いていた野党とマスゴミ。今回の結果を見て

国会をサボり身内の犯罪を見逃し何でも反対のバカ野党が政権を取っていたらどれ

程酷い事になっていたかと思い背筋が寒くなった。

 8日に開幕した先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)では、安倍晋三首相が

昨年に続いて北朝鮮問題などで議論を主導した。米国と欧州・カナダが激しく対立

する気候変動問題や貿易問題でも「裁定役」を務めるなど、存在感を発揮している。

貿易問題でも、各国が関税率などの数字を挙げてトランプ氏とやり合った。そして

トランプ氏が日本を除く5カ国の反発を受ける度に、困って振り向く先は安倍首相

だった。

「シンゾーの言うことに従う」「シンゾーはこれについてはどう思うか?」

安倍首相も本来は欧州、カナダに近い立場だ。だが、世界貿易機関(WTO)に批

判的なトランプ氏にも配慮し、言葉遣いを選んだ上でこう投げかけた。

「WTO体制には機能が不十分な面も確かにある。できるだけルールを強化するの

はどうか」

するとトランプ氏は「う~ん」と言いながらも矛を収めた。ドイツのメルケル首相は、

こう言いながら安倍首相にウインクした。

「みんなでWTOを作ったのに、朝起きたらトランプ氏のツイッターで関税を25%

かけられると知った。どうしたらいいの」

結局、再び「シンゾーどうだ?」が繰り返され、トランプ氏は最後にこう言って去っ

ていったという。

「きょうは、素晴らしい会議だった」

成りすまし日本人がうようよいる日本の野党は不要に思う。
14yt0.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心無い?「Mr.サンデー」容疑者を刺激して最悪の事態を招いてしまった。 [注目記事]

logo_ogp.png
 フジテレビ系列の番組は心無い内容が多くないか?マスゴミ共通の日本人を

貶める事に熱心で、弱い者を救った勇気ある行動を悪意ある角度で報道する。

会社の体質だろうが、そこに日本人の思いやりの心は無いように思う。

 2018年6月10日放送の情報番組「Mr.サンデー」で、東海道新幹線「のぞみ」

で発生した乗客3人の殺傷事件を取り上げた報道が、ネット上で物議を醸して

いる。

 容疑者の身柄のあった警察署前でスタジオと生中継を結んでいた、ディレ

クターの発言を聞いた視聴者の多くが、ある部分に「それは言うべきではな

い」と引っかかったようなのだ。

■「警察は2つの見方をしています」

 この事件は6月9日22時前、東京発新大阪行きの「のぞみ265号」の12号車

で発生した。小島一朗容疑者(22)=11日に殺人容疑で送検=が、同じ車両

に乗っていた会社員の男性・梅田耕太郎さん(38)の首などをなたのような

刃物で切り付け、殺害した疑いがある。

 10日放送の「Mr.サンデー」では、鈴木孝ディレクターが小島容疑者の身柄

があった神奈川県・小田原警察署前からスタジオへ生中継で最新状況を伝えた。

事件翌日で沸き立つマスコミについて「きょうは、入り口のところに多くの報

道陣が詰めかけ、テレビカメラもたくさん集まりました。大変な混乱ぶりでし

た」と報告。「小島容疑者はこの警察署の3階の留置所の中に現在、います」と

した。

 鈴木氏は「ここで最新情報です」と切り出した。「新幹線の車内で被害者と

なってしまった梅田さんなんですが、小島容疑者にたった1人で立ち向かったと

いうことが目撃者の証言で分かりました」とした上で、「今、警察は2つの見方

をしています」と報告。

  「梅田さんが立ち向かったおかげで、多くの乗客が助かった、救われたと

いう見方と、梅田さんが立ち向かって、容疑者を刺激して、結果として最悪の

事態を招いてしまった。こうした2つの見方を慎重に検討しながら捜査を進め

ている状況です」

と最新の捜査状況を説明した。
.

■「後半の情報いらなくないか?」

 こうした鈴木氏のリポートをめぐって、ツイッターなどインターネット上

では疑問の声が殺到していた。梅田さんは容疑者に立ち向かった結果、刺激

して「最悪の事態」を招いてしまったかもしれない――。鈴木氏がそんな警

察の1つの見方を伝えたことに、 「たとえ捜査上でそういう見解があったに

せよ、それを言うべきではない。被害者感情を考えたら」

  「勇敢に助けに入って亡くなられた方に対して酷い言い方と思う」

  「遺族の方がそれを耳にした時どう思うよ。被害にあわれた女性2人もどう思うよ」

  「可能性の低い、また遺族の方を刺激するようなことは報道すべきでないと感じた」

との声が続出。捜査線上でそんな見方が浮上するのは理解できるとしても、それを

伝える必要はないのではないかというのだ。

 作家の竹田恒泰さんもツイッターで、鈴木氏リポートの「2つの見方」を紹介。

「後半の情報いらなくないか?被害者に対してあまりに心ない報道だ。嫌悪感し

かない」と疑問を呈した。

 番組では、司会のフリーアナウンサー・宮根誠司さんとゲストの板橋功・公共

政策調査会研究センター長が、新幹線車両の模型をもとに犯行当時の状況を次の

ように振り返った。

 小島容疑者は隣席の女性を切り付け、通路を挟んで向かい側の女性にも襲いか

かり、それを見た最後列の梅田さんが止めに入った。女性2人はその隙に13号車へ

逃げ、梅田さんは12号車の中央付近で容疑者に馬乗りになられ切られた――。

  板橋氏「梅田さんは逃げることもできたわけですよね」

  宮根さん「梅田さんが小島容疑者を止めに入って、この2人が助かったわけで

すから、大変勇敢な方ですよね」

  板橋氏「身を挺した勇気ある行動だと思いますね」


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

18日もサボったのに歳費満額もらって会期延長で更に歳費ポッポナイナイ、だから反対のポーズ [注目記事]

250px-Logo_of_Constitutional_Democratic_Party_of_Japan_svg.png
 国会会期中にサボりの18連休して審議をボイコットの野党が歳費を懐に

これ以上国会をやって法案審議は不要と会期の延長に反対ってこと。

 立憲民主党の枝野幸男代表は10日、宇都宮市で記者団に、20日が会期末の

今国会の延長に反対の意向を示した。

安倍政権はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案の確実な成立を

期し、会期を延長する方針。

これに対し、枝野氏は「政府、与党は会期内で法案をしっかり議論し成立さ

せる責任がある。20日で終わりにすべきだ」と語った。

 参院選の「1票の格差」是正のため、定数を6増やす自民党の公選法改正案

にも触れ 「会期末が近い今ごろ、選挙制度の話を出してくるのは論外だし、

議論の俎上に載せるのも論外だ。(それを理由に)会期を延長すべきでない」

と述べた。

野党がサボっていなければもっと早く審議出来たのにね。

タグ:反対のふり
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野党はいつでもどこでもダブルスタンダード、信用される訳が無い。 [注目記事]

14yt0.png
 国政を持ち出した選挙戦をしてた野党連合、負け惜しみが見苦しい。

 新潟県知事選で10日、与党が支持した前海上保安庁次長花角英世氏が

当選したことを受け、 与党内には「安倍政権が信任された」(自民党の閣

僚経験者)と安堵の声が広がった。

5党が共闘した野党側は「中央と地方の政治は全く別だ。

安倍政権が『不祥事のみそぎが済んだ』と言うならば、とんでもない」

(立憲民主党の長妻昭代表代行)とけん制した。
250px-Logo_of_Constitutional_Democratic_Party_of_Japan_svg.png
 自民党の二階俊博幹事長は10日夜、党本部で記者団に「際どい差

だったが、勝利を収めることができた。

油断することなく、今後の政権運営に全力を尽くしたい」と述べた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

嫌いで問題ばかりの人達が応援してるような候補者に+問題だらけの応援=落選 [注目記事]

14yt0.png
新潟県知事選挙

2018年 
花角 英世氏   546、670 (当)
池田 千賀子氏 509、568
投票率 58・25% (+5.20)

2016年 
米山 隆一氏  528,455 (当)
森 民夫氏    465,044
投票率 53.05%

与党候補 +81,626
野党候補 -18,887
普通に、嫌いで問題ばかりの人達が応援してるような候補者には投票しないよね。
在日、犯罪者、国籍疑惑、共産党、原発事故拡大者、嘘つき、入れ墨集団などなど
新潟県民をバカにしているとしか思えない面々が勢ぞろい。
「新潟のことは新潟で決める!」 新潟の人は悩んだと思う。
香山リカ
山口二郎
有田芳生
菅直人
枝野幸男
辻元清美
福島瑞穂
蓮舫
福山哲郎
又市征治
江田憲司
岡田克也
森ゆうこ
小沢一郎
小池晃
志位和夫
穀田恵二
中村喜四郎
小泉純一郎
玉木雄一郎
古賀茂明
佐高信
金子勝
大袈裟太郎
しばき隊
元SEALDs幹部
自治労新潟県本部保育部会(中核派関係団体)
脛に傷持つ問題を抱えた人ばかりが応援に行っても疑惑を生むだけ。
250px-Logo_of_Constitutional_Democratic_Party_of_Japan_svg.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本の屑マスコミはどうなってるの?安倍総理のこういうの一切流さない。 [注目記事]

OB-ZA321_130924_D_20130924003837.jpg


 東日本大震災の時、台湾はアメリカと同じくらいの寄付をくれた。

アメリカの人口と経済規模を比べれば、台湾からの寄付がどれだけ大

きいものか解かる。台湾と日本は家族です

 本当なら民主党政権がしなきゃいけないことを、

安倍さんがやってくれた!

 ニコニコ超会議で台湾のブースに安倍総理がサプライズで、

東日本大震災の義援金のお礼を言いにやってきたことも台湾で

はニュースになってましたね。

日本のマスコミは一切取り上げないけど。安倍総理の登場と握

手に感激する台湾の人々に胸熱!!台湾ともっと仲良くしたい♡♡

台湾の方にこんなに喜んで貰えるのは嬉しいですね(^-^)安倍総理で

本当に良かった
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野党王国で野党が選挙違反までしても勝てない、新潟の事は新潟の人が野党を嫌った。 [注目記事]

14yt0.png

 事実上の与野党対決の構図となった新潟県知事選挙は10日に投票が行われ、

自民・公明両党が支援する元海上保安庁次長の花角英世氏が、野党5党が推薦

する候補らを破り、初めての当選を確実にしました。

今回の新潟県知事選挙は、自民・公明両党が花角氏を、立憲民主党など野党5

党が池田氏をそれぞれ支援する、事実上、与野党対決の構図で、花角氏が初め

ての当選を確実にしました。

花角氏は新潟県佐渡市出身の60歳。国土交通省の審議官や新潟県の副知事な

どを経て、海上保安庁の次長を務めました。

選挙戦で、花角氏は、幅広い支持を得ようと、できるだけ政党色を抑え、東京

電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に慎重な姿勢を示すとともに、地元の経済

活性化などに取り組むと訴えました。

また、自民・公明両党は、幹部らが連日応援に入り、街頭での演説などは控える

一方、業界団体などをまわって支援を呼びかける徹底した組織戦を展開しました。

その結果、花角氏が、自民・公明両党の支持層を固めたほか、支持政党を持たな

い「無党派層」などからも一定の支持を集めて、初めての当選を確実にしました。

対する池田氏は、原発の再稼働に慎重な姿勢を示し、野党5党の幹部らも街頭で

安倍政権を批判して支持を訴えましたが、及びませんでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感